Q・障害があっても裁判員になれるのでしょうか?

Q・障害があっても裁判員になれるのでしょうか?
A・なれます。

ただし、障害の程度を判断し、裁判員としての職務遂行に著しい支障がなければという条件が付きます。
仕方のないことですが、証拠物件の中には、多くの写真や図面など、目で見て判断しなければならないもの、録音テープなど、耳で聞いて判断しなければならないものが含まれており、それらは判断材料として重要なものです。
視覚、聴覚に障害がある場合は、本人が希望したとしても、裁判長の判断により選出されないことがあります。

関連記事

 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved