Q・裁判所はバリアフリーですか?

Q・裁判所はバリアフリーですか?
A・改修が進んでいます。

裁判員候補者の中には、体に障害を持っている人も含まれるので、施設が誰にでも使いやすいかどうかも、引き受けられるかどうかのポイントになります。
1審は地方裁判所で行われます。施設によって不十分なところがあるところは、改修や増築が計画されています。
施設の改良は、裁判員だけのためでなく、傍聴人や他の関係者にとっても必要とされることで、公共施設のバリアフリー化は早急に進めてほしいものです。

関連記事

 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved