Q・証拠物件などで、読まなければならない文章はたくさんありますか?

Q・証拠物件などで、読まなければならない文章はたくさんありますか?
A・ほとんどありません。

基本的には、法廷でのやり取りを聞いたり、被告人の様子を見たりする中で、自分が感じたこと、意見を述べればよいことになっています。証拠資料の中には、文章も張りますが、読み込まなければならないほどの分量はありません。
また供述調書を読むこともありません。

関連記事

 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved