Q・体力や気力に自信がない場合、辞退できないのでしょうか?

Q・体力や気力に自信がない場合、辞退できないのでしょうか?
A・できません。

辞退理由の一つに、
「重い疾病又は傷害により裁判所に出頭することが困難であること。」
とあります。

しかし、これは病気や怪我などが理由で、裁判所に行くことが無理だという前提です。
「体力」や「気力」は、一般的な概念として、困難な理由に当たらないので、辞退の理由になりません。

しかし、限度を超えた消極的な態度では、公正な審理が行われません。いくら1/6だから、ひとりぐらい適当な裁判員がいても…というわけにはいきません。
辞退できなくても、裁判長の面接でチェックされるはずです。
裁判所側は、体調や心理的な負担にも十分配慮すると説明しているので、本当に病的な心配がなければ、自信をもって協力できるように意識を高めていきたいものです。

関連記事

 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved