Q・「仕事が忙しい」は、辞退理由になりますか?

Q・「仕事が忙しい」は、辞退理由になりますか?
A・なりません。

辞退理由として認められる条件は、

・その本人でなければ処理できない仕事ないようで、
・行わなければ、会社に著しい損害が生じる場合

とされています。

ほとんどの人が、仕事を持っていたり、家庭の仕事があるので「時間に余裕があって」引き受けられるわけではありません。
ですから、正直、「忙しい」というのは理由にならず、具体的な個人の事情を提出しなければなりません。
どうして仕事が休めないのか…というのも、人によって事情は様々で、実に会社や個人のプライバシーが含まれた質問だと思うのですが、ハッキリさせないことには辞退もできないのは、問題点ですね。

具体的に認められそうな理由には、次のような事例が考えられます。
・個人経営者で、連続して休業することで、取引先に損害をあたえる
・レストランや生鮮食料品などの営業は、数日休むことは不可能
・手術予定のある医師
・遠方に出張予定のあるサラリーマン
・農繁期の農家

ただし、辞退には、辞退申出書、上申書を提出しなければなりませんが、そこに虚偽の事実を書くことは、法律上禁止されています。
違反した場合、刑罰か過料の制裁を受けます。

関連記事

 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved