Q・「裁判員等に選ばれたこと」を話してはいけないのですか?

Q・「裁判員等に選ばれたこと」を話してはいけないのですか?
A・「公」にしてはいけません。

裁判員法により、裁判員でいる間は、選ばれたことを公言してはならないと決められています。
裁判が終わった後に公開するのはOKです。
ただし、自分のことはOKですが、他の裁判員について触れることは禁止されています。

しかし、会社や家族の協力、スケジュール調整のためには、周囲には話す必要がでてくることがあります。

法律での「公にする」の解釈は、
・出版物、放送
・インターネットのホームページやブログ
などを利用し、「不特定多数」の人が知ることができるような状態にすることをいいます。

個人的事情であれば、選ばれたことを人に話すことは禁止されていません。
呼出状を見せることも大丈夫です。

心配すればキリがないのですが、選出されなかった人は、知識が不十分なことがあります。
興味本位で知人に話すと、想像以上に「噂」として広がってしまうことはあり得ます。知らせるにしても、自分が確実だと思える範囲、必要最小限にするべきでしょうね。

関連記事

 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved