証拠物件の内容

◆証拠物件の内容

「PTSDの不安」が問題とされますが、
PTSDは、予測できないのが怖いところです。
自分は、ダメかもしれない…と、感じる分にはまだ回避方法があるのですが、
自分は、大丈夫!と思っていても、かなり衝撃的な資料や場面に遭遇することもあります。

裁判員は、法廷で提出される証拠を全て確認しなければならないことになっています。

中には、事故現場や、遺体の写真など、見るに堪えかねる資料も含まれているそうです。

後から、精神的な後遺症が残ったと言われた時の対処や、規定はまだ決められていません。
また補償制度なども、基準がむずかしそうです。

関連記事

 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved