選任手続き

◆選任手続き

裁判員はくじによって選ばれます。
つまり、ランダムで、公平で、誰もが可能性があることですよ、としつこいほど言っていますよね。

たしかに、名簿に記載されるときには、そうなのですが、
面接とまでいくと、そうでしょうか。

この決まりは、人数の多い地域では、うまくいくかもしれません。
しかし、地域によっては、結局、同じ人たちが裁判員に選ばれる可能性もあるのです。

一年に一度、候補者名簿が作られますが、その時に70歳以上であると、辞退することができます。
日本の地域のなかには、高齢化率が高くなっている地域も多く、
70歳までで、忙しく働いている人、介護などで本当に出来ない人を除くと、「できそうな人」への負担が大きくなります。

一度、裁判員になると、5年間は裁判員として参加できないので、さらに対象者の幅は狭くなります。
毎年…とまではいかなくても、数年たてば、また当たるということも考えられます。

関連記事

 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved