罪悪感

◆罪悪感

裁判員制度は、「職業」ではないので、
あくまで「市民参加」としての意義が重要です。

となると、「職業」として裁判に臨んでいるいる裁判官よりも、
事件を深刻に受け止める可能性があります。

たとえば、誤判はあり得りケースだと思われますが、
「被告が不服だとすれば、控訴すればよい」と、割り切れるのか、

自分は、判決と違う意見だった… といつまでも、心にひっかからないか、

また、正しい判断だったとしても、最悪の判決を出さねばならなかった場合にも、ずっと罪悪感に苛まれることも考えられます。

関連記事

 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved