私の場合、こんな資格

"学校の教員に転職したことがあった。
その時に、デザイン系の資格と保母資格の勉強をしたことがあった。
私はがくせいじだい食物学が先行だったので、デザインや保育に関する知識がなく、教員になることになってから勉強することにしたのです。
デザインの学校はデザイナー専門の学校だったので通常なら平日に毎日朝から晩まで通うものを休みの土日のみ、かよってしかくをとるというのははんぱなくとてもきびしくたへんなものでした。
なれないきょういんのしごとだけでもたいへんだったのに、夜には課題を家で仕上げ、土日は朝から晩まで専門学校で過ごし、おかげではんとしで5キロもやせて周りから心配されるほどでした。
ほいくしのしかくのべんきょうもしました。まずは子供のころにやっていたピアノを思い出すことでした。
子供のころにやっていたピアノはしょぶんしてしまったので、キーボードを購入し練習しました。
あかちゃんの世話の練習もしました。
とてもしんどかったです。"

関連記事

 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved