自営の小売業者にとって、最大の悩みは「消費税問題」です

"私は生花小売業、つまり花屋です。自営でやっています。
もともと好きで始めた仕事ですし、従業員は私たち夫婦だけ。「職場の人間関係に悩む」ということはありませんから、その点も気楽です。
経営のほうも、けっしてもうかってはいませんが、夫婦で生活していけるだけの売り上げはなんとか確保できています。このご時勢、それだけでも恵まれていると思っています。
もちろん悩みがないわけではありません。夏場は花が売れない時期で、花持ちも悪くなりますし、まして近年の猛暑ではほとんど「開店休業」といった日もあります。冬場の水仕事で手が荒れるという悩みもあり、けっこうハードな力仕事も多いので、年齢的な問題も将来出てくるだろうな、とは思っています。
けれど、現時点での最大の悩みは「消費税問題」。消費税の増税はすでに「平成26年4月に8%、平成27年10月に10%」という法律が国会で成立しています。ただし、時期については、その時点での経済状態に配慮して変更もありうるということですが、担当大臣はどうやら予定通り、来年4月に8%に上げる腹のようです。
これは、私のような個人経営の自営業者にとっては大変大きな問題です。小売業の中でも「花」は生活必需品ではありませんから、もろに影響を受けるのではないでしょうか。今から心配してどうなるものでもありませんが、来年4月が不安なのです。"

関連記事

和歌山の人材派遣会社ランキングメディアhttp://wakayamahaken.sakura.ne.jp/ランキング形式で見やすいよ♪
徳島県内の有名人材派遣会社http://xn--kltp7dh1sii8a.flop.jp/で紹介されてますね。
愛媛県で仕事を探すなら?愛媛の人材派遣会社ランキングインフォはこちらです
 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved