頑張れば実際に実現できそうなこと。

"医療・福祉現場の人手不足は今日の日本に於いて慢性的な問題と聞いています。
その中で実現出来そうなことを幾つか考えてみたいと思います。
実際に出来るかは素人なので分かりませんが。
例えば医療や福祉関係の人材を育てる高等学校や大学、専門学校などの入学金や授業料の負担を軽くしたらもっと医療や福祉の道を進む学生が多く入ってくるかもしれません。受け入れ人数も増やしていく。
実際、医療系の学費を調べてみるとその外の職種の学校より高いのが実情なのです。
何故医療系が高いのかは専門的な分野だからなどと色々な事情があるのかもしれませんが、その点で諦めている人材がいるのが現実なのです。
その金額的な点だけではなく、沢山の人材に入学して学んでもらう為に積極的に中学校や高校などに出向きアピールしていくのが大事だと思います。実際、高校生を持つ保護者に聞いてみると、来てもらうのを待つ状態ばかりだそうです。
オープンキャンパスなどをして来てもらうのが関の山らしいです。
教育現場での改革が必要だと思います。"

関連記事

即戦力を求められる事務職は経験のある人が派遣に登録しておくといいと思います。
 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved