医療費控除の確定申告

年度末が近付いてきますと、確定申告をする必要がでてくる方がいると思います。通常、サラリーマンの方の場合は年末調整がりますので、給料以外の収入がなければ確定申告をする必要はありませんが、医療費控除など会社でできないものを確定申告をする必要が出てきます。医療費控除は一年間にかかった医療費が10万円を超えた場合に、申告して不備なところがなければ、後日還付金がきます。医療費控除には病院のレシートが必要ですので、病院のレシートはきちんと一年分溜めておくのが賢い方法だと思います。特に入院などをした場合は、10万円を軽く超えてしまうケースが多いと思いますので、きちんとレシートは取っておきましょう。しかし、入院費の場合は保険に加入している方の場合ですと、保険給付をもらっている場合は、その分はかかった医療費から引かなければなりませんので注意が必要になってきます。

関連記事

 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved