憲法第18条の解釈

◆憲法第18条の解釈

日本の憲法では、国民の権利及び義務として、次のように決められています。

第18条
何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

裁判員制度の「強制」は、人によっては「苦痛」となる場合もあります。
しかし、法解釈では「意に反する」というところに注目されます。
「法律」として国の定めである以上、理解した上での苦役なので、憲法違反ではないと解釈されています。

裁判員は、国に対する裁判を裁くことはできないので、たとえ、勇気ある誰かが訴訟を起こしたとしても、法律が大きく変えられることはないと考えれらます。

関連記事

 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved