無線技師の資格をとりました

"私は放送局のリポーターの試験に合格して、めでたくリポーターになりました。ところが、当時、リポーターは無線の機械を扱うので、特殊無線技師の国家試験を受けて、資格を取らねばなりませんでした。
私はまったく興味がなかったのですが、会社から言われたので講習を受けて、国家試験を受けることになりました。
2週間くらいの講習だったと思いますが、1日でも休んだり遅刻をしたら、アウトということで、とても緊張しました。
それで、国家試験の当日まで、記憶しておくべきことはしっかりと覚えて試験にのぞみました。すると、満点で合格しました。
それで、無事にリポーターとして中継車と本社の間の無線の取り扱いなどをおこなうことが出来るようになりましたが、リポーターを辞めたあとは、利用する機会がない資格でした。
とても苦労して受けた試験でしたし、満点で合格したことも褒められましたが、リポーターを辞めてしまえば、持っていても仕方がない資格だな、とつくづく思いました。
"

関連記事

 
Copyright (C) 裁判員の手続きと義務@裁判員制度. All rights reserved